風俗で不思議な経験

一つの事実として、風俗は貴重

風俗そのものはとっても多いですし、特にデリヘルの急増のおかげで身近に遊べるものになったと思いますけど、それでもやっぱり風俗ってとっても貴重なものだなとは思いますよね。どれだけ数が増えたとしても、貴重さは変わらないかなと。自分が思うのは、風俗って誰でも楽しめるし、男が選べるし。男にとって日常生活では出来ないことを楽しめるじゃないですか。これはやっぱり貴重だと思うんですよね。そうそう出来ないことじゃないですか。でもそれが出来ちゃうんですよ。風俗であれば、そういったことを気にすることなく、それこそ高嶺の花であっても遊べますし、気後れだってする必要もないんです。まぁ気後れしてしまうような美人風俗嬢もいますけどね(笑)でも、どんな美人であってもこちらがお客と言う立場は変わらないんです。だから自分の思うように、好きなように楽しむことが出来るのはとても貴重なので、今も昔も多くの男から指示されているんじゃないですかね。

苦い思い出もありますよ、やっぱり

これだけ生きていれば女性に対して苦い思い出もあります。だからなのか、その反動で風俗がいいなって思えるようになってきたんですよね。それまで恋人がいた時期もありました。確かにメリットというか、恋人がいるからこそできることはたくさんあるとは思いますけど、でもデメリットだってありますよね。一日連れまわされて、それで急に「生理になっちゃった」なんて言われた日には、こっちの一日を返せよ…と心の中で叫んだり(苦笑)こっちがその気になっていても、相手は全然そうじゃないので、ご飯を食べてバイバイとか、そんなことが続くと嫌気もさすじゃないですか。それなら、わざわざ毎日コミュニケーションを取って関係を繋ぎとめる努力をするよりも、楽しみたい時だけ女の子との時間を楽しめる風俗の方が合理的だし、結局お金だってリーズナブルなんじゃないかなって。風俗嬢にプレゼントだけせがまれて何もしてもらえないってことは、まず有り得ないですし。