風俗で不思議な経験

大宮の風俗から始まった喜び

風俗に対しては、この世界に巡り合えて本当に良かったなって気持ちがとっても強いんですよね。だってもしかしたら風俗とは巡り合っていないパターンの人生だってあるかもしれないじゃないですか。これって何気につまらない人生になっていたかもしれないですよね。
今はもう辞めてしまったんですけど、かつての先輩社員には本当に感謝しています。その先輩が自分を会社の近くにある大宮の風俗(https://fuzoku.jp/saitama/a_2070/)に仕事帰りに連れて行ってくれたんですよね。それってよくよく考えると本当にありがたいことです。もしもあの時に先輩が大宮の風俗に連れて行ってくれていなかったら、きっと自分は風俗と出会うきっかけそのものがなかったんじゃないかなって思うんですよね。
それだけに、風俗との出会いをもたらしてくれた先輩には本当に感謝の気持ちでいっぱいなんですよ。もしもあそこで違う人生になっていたらって思うこともありますけど、風俗と巡り合えたからこそ、自分の生活にも張りが出ているし、やりがいもあるんですよ。

無意識でも頑張れるのが風俗

あんまりあれこれ考えないって言うか、事前の段階までは確かにいろいろと考えます。ポータルサイトで利用しようと思っている大宮の風俗の情報を見たり、ホームページでそれぞれの風俗嬢やお店のことを調べたり。
そこまでは頑張って頭をフル回転させていろいろと考えるんですけど、でも実際に女の子と向き合ったらそういったことはどうでもよくなるじゃないですか。時にはどんなプレイをしたのかあまり覚えていないケースもあるんですよね。それって、つまりは大宮の風俗に対して没頭しているというか、熱中しているってことじゃないですか。だからそれは自分にとっては大歓迎でもあるんですよ(笑)せっかくなら大宮の風俗で記憶が吹っ飛ぶくらいの素晴らしいプレイを楽しみたいじゃないですか。理屈で考えているうちはまだまだというか(笑)
それに覚えていないけど、でも何となく満足したっていう展開の方が自分としても嬉しいんです。理想は毎回そのくらい風俗に対して熱中することですね。そのためにも良い子を選ぶべきかなと。